menu

超ざっくり説明、サーバーとドメイン!

2021年6月17日

ホームページ作ってみたいな~…でも何からすればいいんだっけ?
そんなときはまずサーバーとドメインの準備から始めましょう!

このSTUDIO Tachimachiのトップページ下にあるXserver(エックスサーバー)さんは無料ドメインが付いてくるので割とおすすめです。

ホームページのざっくりな作り方

  1. サーバーを準備(ほとんどの場合レンタルサーバー)
  2. ドメイン取得(ネット上の住所)
  3. WordPressのインストール
  4. WordPressを使ってサイトを作成する
  5. 完成!

こんな感じの流れになります。
今回はその1と2番にあるサーバーとドメインについて超ざっくりに説明していきます!
(掘り下げすぎると分からなくなってくるのでスミマセン)

サーバーってなんぞや?

ここで言うサーバーとは…ざっくり言うと(すみません)データの保管庫です!

僕たちが見ているウェブサイトはウェブブラウザというソフトを使っています。(SafariとかChromeとかEdgeとか…)
それらブラウザはつまりテレビ画面の様なもので、実際に目に入ってくるデータはサーバー(という保管庫)に入っています。

ブラウザはサーバーから情報を引き出して画面に表示する役割なんです(すみませんこれもざっくり説明)!

なので、ウェブサイトを作ってブラウザでみんなに見てもらおう!とした時に、まずデータを保管する場所が必要になるんですね。

だからまずはサーバーを準備しましょう!ということになります。
ウェブ上の保管庫を持つところからスタート!ということですね。

ドメインって何?

つぎにドメインについてこれもざっくり説明していきます。

ドメインとは何?とは、ずばり言うとインターネット上の住所の事になります!
あ、ドメインとはこれですね

https://tachimachi.info/←この太字の部分!

これを使ってブラウザはデータのありかを探し出して、それを画面に表示させることができます。
ドメインは住所ではありますが、その住所が示す土地はつまり保管庫=サーバーとなります。

ドメインだけ取得しても、土地(サーバー)がなければそれは架空の住所となってしまいます。
サーバーの準備(土地の準備)、それからドメイン設定(住所を決める)をする事がまず初めに行う事です。

似たような流れで「IPアドレス」についてもついでにざっくり説明しておくと、同じく住所の様な意味になります。

まとめ

今回はサーバーとドメインについて超ざっくり説明しました。
目的としてはそれぞれの詳しい解説というより、イメージをつけてもらいたいというものになります。

サーバーとはウェブサイトに使うデータの保管庫という事を説明しました。
ドメインとはウェブサイトのデータのありかを示す住所という事を説明しました。

細かい話をすると、サーバーはどうやって準備するの?とかドメインはどこで決めるの?とか具体的な手順を知る必要があります。
ですが今回は簡単にここまでで!