menu

SEOについて学ぼう

SEOの基本

検索エンジン最適化(SEO)とは、Googleのような検索エンジンで、あなたのウェブサイトが上位に表示されるようにするための工夫のことです。例えば、「広島の美味しいラーメン屋」をGoogleで検索したとき、上手にSEOが行われているウェブサイトは、検索結果の上位に出てきます。

Googleがウェブサイトを上位に表示するかどうかを決めるとき、大切なのは「関連性」と「信頼性」の2つです。

「関連性」とは、ウェブサイトの内容が検索したい情報にぴったり合っているかどうかのことです。たとえば、「広島の美味しいラーメン屋」についてたくさん書いてあるウェブサイトは、「広島の美味しいラーメン屋」を探している人にとって、とても役立つ情報を提供していると言えます。

「信頼性」とは、そのウェブサイトが信頼できる情報を提供しているかどうかのことです。Googleは、他のウェブサイトからリンクがたくさん貼られているか、訪問者がどれくらいの時間サイトを見ているかなどを見て、そのウェブサイトが信頼できるかを判断します。たとえば、「広島の美味しいラーメン屋」について詳しく書いてあるウェブサイトに、他のウェブサイトからたくさんリンクが貼られていたら、それは「このウェブサイトは信頼できますよ」という証拠になります。このリンクのことを「バックリンク」と呼びます。

高品質なコンテンツを作ること

Googleで自分のウェブサイトを上位に表示させるためには、高品質なコンテンツが一番大切です。ウェブサイトのコンテンツとは、ページに書かれた文章や、ビデオ、写真、記事のことを指します。高品質なコンテンツは、訪れた人だけでなく、Googleにもあなたのウェブサイトがすごいと認識させ、他のウェブサイトよりも上に表示させます。

例えば、あなたが広島についてのウェブサイトを作っているとします。記事には「広島」や「広島の観光地」などの大切なキーワードをちょうどいい量で入れることが大切です。しかし、その言葉をたくさん詰め込みすぎると、読んでいる人やGoogleに不自然に感じられてしまい、結果的にはマイナスになってしまいます。各記事には、1つまたは2つの大切な言葉を選んで、上手に使うことが望ましいです。これにより、広島に興味がある人はあなたのウェブサイトをより理解しやすくなり、見つけやすくなります。

ブログも大切な要素です。あなたがどれだけ特定の情報に詳しいかを示す場所であり、新しいページや内容を定期的に作る場所です。例えば、「広島の美味しいお店」や「広島での観光ルート」など、広島についての情報を提供するブログは、読んでいる人が理解しやすく、信頼できる内容で、人々の気持ちやニーズにつながるものでないといけません。また、詳しく深い内容の長い記事は、Googleのランキングにも、読んでいる人にも好まれ、あなたが広島に詳しいということを示すことになります。

ブログには色々な種類のコンテンツを書くことができます。自分が広島に詳しいということを示す記事、広島についてのハウツー記事やリスト記事、広島のニュースについて書くなど、色々なコンテンツを作ることができます。

キーワード最適化

SEOとは、ウェブサイトがGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されるようにするための手法です。そのためには、「キーワード」が大切になります。例えば、「広島レストラン」や「広島観光」など、よく検索する言葉をうまく使うことが重要になってきます。それらの言葉で最初にどのくらいの順位にいるのかを記録し、その後どれだけ順位が上がったかを見ることで、SEOがうまくいっているかを判断します。

また、「広島お好み焼き」や「広島カープ」のように、比較的検索されないけれども広島に関連している、というキーワードも重要です。これらの言葉で順位が上がると、SEOがうまくいっている証拠となります。

そして、SEOの目標は、「広島美術館」や「広島平和記念公園」のようなキーワードでウェブサイトが上位に表示されることです。それが達成されると、ウェブサイトに訪れる人が増え、SEOが成功したと言えます。

ただ、SEOを行うためにはコスト(時間や費用)がかかります。特に、「広島の花見スポット」や「広島のグルメ」のような規模の大きいキーワードで上位に表示させようとすると、それだけ多くのコスト(時間や費用)をかける必要があります。注意点として、全てのキーワードが同じように上位表示できるわけではないので、キーワードの数だけで料金を決めるSEO会社は避けたほうが良いかもしれません。

リンク構築

アンカーテキストとは、ウェブページへのリンクを含む特別なキーワードのことを言います。例えば、「広島のSEOのヒント」というフレーズに私たちのウェブサイトへのリンクがあると、Googleは私たちのウェブサイトが広島に関するSEOのヒントを提供していると理解します。

ウェブページへのアンカーテキストがたくさんあると、そのページはGoogleの検索結果で上位に表示されやすくなります。ただし、無理にたくさんのアンカーテキストを作ると逆効果になることもあります。リンクのアンカーテキストは自然な感じが大切で、同じようなものばかりではなく、いろいろな種類があると良いです。

広島についての面白くて、人々が共有したくなるような記事を作って、その記事からリンクを得ることが大切です。これにより、私たちのブランドが広島でよく知られるようになり、読者にとって楽しい体験を提供することができます。

Googleがウェブサイトの評価方法を変えたことで、他のウェブサイトへのリンクを作ることが少なくなりました。今では、リンクがウェブサイトの他の内容と関連性があるかどうかで、そのリンクの良し悪しが決まります。広島に関する価値ある内容からのリンクは、ただの再利用や質の低い内容からのリンクよりも、Googleにとって価値があると評価されます。

分析とレポーティング

広島のお店や会社がインターネットでどれだけ見つけられているか、それを知るためには、定期的にチェックすることが大切です。これを見るためのレポートがなければ、自分たちのインターネットでの活動がうまくいっているかどうか分からないですよね。

特に、広島のような地元のお店や会社にとっては、Googleでの検索結果でどれだけ上の方に表示されているか、また、どれだけの人が見てくれているか(これをインプレッションと言います)を見ることが大切です。

しかし、インプレッションの数字がすぐに上がるわけではありません。毎日見てもあまり変わらないかもしれません。毎日見るのではなく、1ヶ月に1回くらいチェックする程度がおすすめです。

そして、自分たちのウェブサイトにどれだけの人が訪れているか(これをトラフィックと言います)も大切なポイントです。もし、自分たちのウェブサイトに訪れる人が増えているなら、それは自分たちのインターネットでの活動がうまくいっている証拠です。

でも、ある月に訪れる人が少なくなったからといって、すぐに悪いとは言えません。例えば、11月や12月は、人々が忙しくてインターネットを見る時間が少ないかもしれません。様々な理由で訪れる人が少なくなることもあります。なので、その月の訪問者数が少ないかどうかを判断するときは、前の年の同じ月と比べてみると参考になります。

自分たちのお店や会社がインターネットの様々な場所で見つけられると、それは成功している証拠です。だから、いろんなところに情報を出すことも大切です。

インデックス作成

SEOを成功させるためには、ルールをしっかり理解することが大切です。GoogleやBing、Yahooといった検索エンジンは、インターネット上の情報をきちんと整理する役割を担っています。これらのエンジンは、毎日作られたり、更新されたり、消されたりするウェブページをたくさん集めて、一覧表(これを「インデックス」と言います)を作ります。例えば、「広島」についての新しい情報が出たとき、検索エンジンはその情報を見つけて、一覧表に追加し、それを検索している人にすぐに教えようとします。

このような大量の情報を整理するために、検索エンジンは「スパイダー」や「ボット」と呼ばれるツールを使って、ウェブサイトを巡回します。これらのツールは、各ページの内容が何に関連しているのかを評価し、その情報を一覧表にまとめます。そして、その情報を検索エンジンの一覧表に報告します。

各検索エンジンは自分だけの一覧表を持っていて、それが「広島」などの特定の言葉を検索したときに、どのウェブサイトを表示するかを決めます。この一覧表とのやり取りが「アルゴリズムの更新」と言われるもので、これにより検索結果がより正確になります。

サイトの表示速度

サイトの表示速度とは、あなたがインターネットのサイトを見ていく時に、そのページがどれくらい早く表示されるか、ということです。Googleの「Analytics」っていうツールには、「サイト速度」というレポートがあって、それを見ると、あなたのサイトの情報がどれくらい早く見えるか、どれくらい早く操作できるかがわかります。

「ページ速度」というのは、ウェブサイトの中の1ページがどれくらい早く表示されるか、ということです。ページによっては、写真や内部のプログラム、プラグインが影響してページの速さが違うこともあります。

Googleの「PageSpeed Insights」というツールを使うと、ページの速さをチェックできます。このツールは、Googleの基準に基づいて0から100までの点数で、ページの速さを評価してくれます。これは必ずしも100点を目指す必要はありません。Googleが「Web Vitals」として重要視する指標を提示しています。様々な要素に注意を払う必要はあるものの、目安としてはウェブページが約3秒で表示されれば大丈夫とされています。

スマートフォンへの最適化

ウェブサイトを見てくれた人には、何かしらのアクションをしてもらう必要があります。商品を買ってもらうことだったり、問い合わせの電話をかけてもらうことだったり、もっと詳しく知りたいと思ってフォームに情報を入力してもらうことだったりします。しかし、そのサイトがスマホでうまく動かないと、そういうアクションをしてもらう事が難しくなります。そのためスマートフォンで見られている時の快適さを改善する必要があります。

サイトマップ

ウェブサイトを作るときのデザインや、ページとページをつなげるリンクの仕方は、Googleのロボットがあなたのウェブサイトのページを見つけるかどうかに影響します。このロボットは、あなたのウェブサイトに来て、ページからページへとリンクをたどって情報を集めます。

しかし、以下のような理由で、ロボットが一部の情報を見逃すことがあります

  • 特定のページへのリンクがない
  • ユーザーがフォームを提出したりパスワードを入力したりしないと見られないページがある
  • 1ページにリンクが多すぎる
  • ロボットが見ることができない形式(JavaScriptやFlashプラグインなど)でリンクが作られている

ロボットがページにアクセスできなければ、他のSEO対策は意味がありません。だから、ウェブサイトを作るときには、各ページが次のページへスムーズにつながるようにしましょう。そして、Googleにウェブサイトの地図(サイトマップ)を提出して、どのページからどのページへ行くべきかをロボットに教えましょう。

メタデータとAltテキスト

画像は、それが見えるときにのみ価値があります。Altテキストは、画像が表示されないときや、視覚障害者が読むためのツール(スクリーンリーダー)を使うときに、画像の内容を説明します。Googleのロボットも画像を見ることはできませんので、Altテキストはウェブサイトの使いやすさと、Googleの検索結果で上位に表示されるための対策(SEO)の両方を良くします。

HTMLにalt属性を含めて、画像の簡単な説明を書きましょう。そして、その説明が画像をあなたの業界やサービスに関連付けるようにしましょう。

画像の名前、Altテキスト、タイトル、キャプション、説明はすべてGoogleに情報を提供します。適切なキーワードをメタデータに使用すると、Googleの検索結果で上位に表示される可能性が上がります。ただし、キーワードを無理に詰め込むのではなく、画像が何を示しているのかを正確に説明しましょう。