menu

ホームページって必要あるの?

2021年8月22日 ウェブサイト制作

-本当にホームページって必要?-

何いってんの!必要に決まってるじゃん!

と、言いたいところですがここは一度逆の意見に立ってみるのも面白いかなと思ったので書いてみたいと思います。

必要か否か?

まず、サイトそのものが必要かどうか、と言うことですが、これは正直「人(会社)による」としか言えません。
サイトそのものはツール(道具)であるので、インターネットを使った何かがしたいと言う人には必要。

インターネットを使った所で特にメリットもないし…と言う人は必要ない、ということになります。
単純な話ですね!

まあそりゃそうですよね…

不要と思っている人におすすめする場合

基本的には「必要」とする人に依頼をされたい訳ですが、もしも不要と考えている人にオススメするシチュエーションがあるとすれば何でしょうか?

それってただの押し売りじゃん?ヤメたほうが良いよ!ダメゼッタイ!

例えば飲食店をされている方で、集客したいけどインターネットなんて訳のわからないモノなんて…!
と、思われている方の場合。

これは一概に必要とは言えませんが、

「多くの人に知ってもらうきっかけになるかも知れませんよ!」

という風にオススメできるかも知れません。

ただし、目的を達成するために工夫していくのはそのお店の方なので、サイトを作ってハイ終わり、とやると

「やっぱり効果がなかった!」

となってしまうだろうなと思います。

結局はそのお店の方がどう使うかにもよるってことか…

あくまで道具としてのオススメはできるかもですが、無責任に「効果があります!」というものでも無いということですね…。

逆に必要と思っていても、魔法のように作れば効果があると思っている場合も要注意かも知れないですね。

インターネットを使っての活動は必要!だけど、無料で作れるサービスで良いんじゃない?という場合

よくネット上でも見る話題であり、現実の会話の中でもたまにある話なのですが…。

「アメブロとかはてなブログとか、無料サービスで良くないですか?」

「ワードプレスもテーマを使っちゃえばそれなりに良い感じになるし、わざわざ作って貰わんでもよくない?」

まあ…それで事足りるなら良いよねって感じだよね…

確かに、それで事足りるのであれば無理にウェブサイトを作る必要はありません。

サーバー契約(有料)してドメイン取得(有料)してWordPressでオリジナルサイトを作って(無料・有料)…ってことをしなくても良いと思います。

ネット上ではコレに対して

  • 「サービスそのものが終了すると問答無用にデータが削除される」
  • 「今まで貯めていた情報資産を自分で管理できない」
  • 「広告が入って来るから目障り」
  • 「集客するにはWordPress!」

…などなど、無料サービス良くないという説明を沢山見ることができます(WordPressもある意味無料サービスだけど)。

ですが、それでも不要だと考える方に無理やりオリジナルサイト良いです!とはなかなか言えません。

オススメするならしっかりとウェブサイトのできることとできないこと、効果のあることないことを説明しなくてはいけないですね。

ツール(道具)としての考え方や使い方をオススメするのが良いかも

事実として、ホームページは使い方によっては効果のあるモノだし、説明する努力はしたほうが良いんじゃない?

そうですね!オススメするのであれば実際に「効果があるかも知れないな」と“納得”して頂くことが重要になってきます。
そうなると、「有効な使い方」をしっかりと紹介する必要があります。

いくつか紹介しますね!

名刺代わりで営業マンの代わりになります!

これはネット上に紹介を載せておく事で、興味のある人が見て知ってくれるよ、ということです。
本来であれば、会社案内を持参して会社の想いや実績を紹介して…とするべきところですよね。
そこをウェブサイトを1つ持っていれば、興味があれば勝手に調べて見てくれると言うことになります。

これは「相手が興味を持っている、知りたいと思っている」という前提での話ですね。

夜でも働いてくれる24時間営業のお店です!

ウェブサイトはお店としても使うことができます。
最近ではインターネットショッピングは珍しくなく、手元のスマートフォンでポチッと買い物をしています。
WordPressでも作ることは可能ですが、最近ではShopifyというECサイトサービスがあります。

ただ、これはお店を作れるというだけで「集客できるか」は別の問題です。

困っている人のお手伝い

近頃は困ったことを解決するために「ググる」事をしますね。
「ググる」とはGoogleという検索エンジンを使って自分の知りたいことをキーワードを打ち込んで探す、という事を指します。

殆どのことはたいていどこかの誰かが記事にしていたりするので、それで解決する事が多々あります。
その誰かが探すであろう問題とその解決策を載せておくと、困っている人の助けになります。

これは専門的な仕事をされている方には良いかも知れません。
ただ、検索はされてもそこから仕事につながるか…と言うことは、ひと工夫が必要です。

こういった使い方をある程度紹介して、どうやって使おうかな?と考えて頂く事も大切な仕事だと思います。

要は、お客さんが呼べるかどうか?売上につながるの?というところ

結局の所、売上に繋がるかどうか?というところが本質的なところかなと思います。

もちろん企業イメージアップとか最近はインターネットの時代だとか言いますが…
結局は「儲かるの?」というところが重要な点になってきます。

WEB屋さんからすると、なかなかそこまで考えて話すと言うことは難しいかも知れません。
ただある程度、ツール(道具)としての使い方を説明することで「売上にどう繋げていくか」をイメージしてもらう事が大切です。

ホームページを作る最終目的は何か?

それを意識する事で、そもそも必要かどうか?と言うことを考えることができる様になるかもしれません。

結論

ホームページを「ツール(道具)として使う」という考えを持っていただけるのであれば、作る価値あり!

by HADANO