menu

ウェブサイトの使い方

2022年4月18日 ウェブサイト制作

ウェブサイトとは何でしょうか?ウェブサイトの“使い方”とは何でしょうか…?
現在、そしてこれからの世の中には必須となる「情報発信」の時代、ウェブサイトはあなたにどの様なことをもたらしてくれるのでしょうか?

ウェブサイトとは「インターネット上の情報」です

ウェブサイトとは、インターネット上の情報が掲載されているページのことを指します。掲載している情報はページによって様々です。企業の紹介、料理の作り方、お店のレビュー、商品販売…どれも共通していることは「情報である」ことです。情報は人にとって非常に大切なアイテムです。その大切なアイテムを、言葉や紙以外に「インターネット」という100人にも1万人にも与えることができる方法を使って渡すことができるのです。

ウェブサイトの使い方は「アプローチ」です

ウェブサイトの使い方とは、一言で言うなら“興味のある人へのアプローチに使う”です。ウェブサイトの使い方は様々あることは承知の上ですが、あえて言うと“アプローチ”です。ここで言う“アプローチ”とは何でしょうか。それは“目的を達成するための手段”です。目的とは何でしょうか?それは人によって様々…ではなく、“自分に興味を持つ人へ自分が伝えたい情報を知ってもらいたい”事です。ウェブサイトの使い方の本質は“アプローチする事”にあります。

情報発信の価値とは「知ってもらうこと」です

情報発信の価値とは、他人の役に立ち、自分自身をアピールできる事にあります。情報は時に他人の役にたちます。情報は時に誰かの助けになるかもしれません。情報は時に生きていく上で必要なアイテムになります。そして同時に、あなた自身を知ってもらうことができます。あなた自身(または主役になる何か)が誰かの助けになり、同時にあなた自身を知ってもらうことができます。

ウェブサイトがあなたにもたらす事は「人とのつながり」です

ウェブサイトは、あなたとあなたに興味のある人との繋がりを作る事ができます。人とのつながりとは、同じ思いを持つ人の事を指します。あなたはあなたに興味がある人と繋がりたいと思っていますよね。そのためにはあなたは繋がりたい人との接点を作らなくてはいけません。それがウェブサイトであり、あなたが発信する情報です。

恩恵は、ウェブサイトと関わる時間によって増えてきます

ウェブサイトから受ける恩恵とは、誰にでも知ってもらえる機会を得ること、言葉や紙よりも沢山の人に伝えることができること、あなたとあなたに興味のある人との繋がりを作れることです。しかし、これらのウェブサイトから受ける事ができる恩恵は時間を掛ける必要があります。時間を掛けるとはどういうことでしょうか?ただ時間がすぎるのを待てば良いのでしょうか?

いえいえ、ウェブサイトに時間を掛けるとは【情報を更新して発信をし続ける事】です。毎日、1週間に1回、1ヶ月に1回…人や業種業態など様々ですが、定期的に見直しや追記修正をしていくことで恩恵を受ける可能性が高くなります。

まとめ「あなたのウェブサイトの使い方を今一度考えてみましょう」

ウェブサイトの使い方とは、【あなたの持つ情報を、目的を持って時間をかけ興味を持ってくれる方へアプローチをしていく事】です。この使い方は、“ウェブサイト”という道具をあなたなりの方法で使いこなしていく為の考え方です。こればかりは誰かにお任せできることではありません(専門的なコンサルを受ければ効果があるのかもしれませんが)。できる範囲で良いので、ぜひともこの使い方を参考にしてウェブサイトを運営、もしくは制作検討してみてはどうでしょうか。

雑記ブログ絶賛投稿中!

日々の出来事、撮影した写真、ウェブサイトについて、県外ネタなど様々